脱毛の方法

 

脱毛の方法は大きく分けると、2つになります。

 

1つ目は自己処理で、もう一つは脱毛サロンや医療機関で脱毛してもらう方法です。

 

自己処理はたいてい(全て?!)の女性が経験済みだと思いますが、面倒で肌荒れやうまく処理できないなどのトラブルがあることも・・・

 

私も時間のあるときには、電動のシェーバーでゆっくり処理していますが、案外きれいに仕上がります。

 

でも急いでいる時に、ワキやふくらはぎをT字の安物のカミソリで処理すると最悪!

 

切れたり、肌荒れになったり・・・いつもじゃないけど。

 

 

手間と時間を考えると、やっぱり2つ目の脱毛サロンや医療機関で脱毛するほうが、ベターだと思います。

 

現在行われている主な脱毛方法は、電気脱毛、光脱毛、それに医療機関で行われるレーザー脱毛があります。

 

この中では、電気脱毛の効果が1番強いようで、ほぼ永久脱毛の効果が期待できます。

 

しかし、技術が非常に難しくて上手にできる脱毛士の数が少ないこと、他の方法より痛みが強い場合が多いことや時間がかかるために人気がないことから、実際に施術しているところがあまりありません。

 

脱毛の現状

 

一般的な脱毛サロンで行われている方法は、光脱毛です。肌をキレイにしたり、保湿したり、脱毛効果を増強するようなジェルをつけて光との相乗効果を期待する脱毛を行っているサロンも多いです。

 

完全な永久脱毛というよりは、減毛の効果という方があっているような印象を受けます。

 

完全にツルツルのお肌になるのは難しいと思いますが、手入れがかなり楽になるくらいの減毛効果が期待できて、痛みはあまりない上に、お肌の状態を良くする効果も期待できます。

 

またサロンによってかなり効果に差が出る可能性はあります。

 

使っている機種(キセノンランプを使っていたり、クリプトンランプを使っているものもあります)と照射出力により脱毛の効果には大きな差が出ると思います。

 

一般的には、医療レーザー脱毛に比べて、マイルドで、痛みは少なく火傷等のトラブルも少ない傾向があります。

 

 

医療機関で行われているのは、主にレーザー脱毛ですが、最近ではIPL(Intensive Pulse Light)やレーザーとラジオ波を組み合わせた脱毛機もでてきています。

 

現在脱毛に使用可能なレーザーは、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザー、ルビーレーザーですが、ルビーレーザーはほとんど使われていません。

 

熱量が強いために火傷をおこしやすいので、各メーカー共に様々な工夫をしています。

 

DCD(Direct Cooling Device)のように冷たい空気を吹き付けて、皮膚温を下げておいてレーザーを照射するものから、照射口のガラス面の温度を下げてゼリーを介して皮膚温を下げる方法や、陰圧をかけ皮膚を吸引して毛根を近づけてレーザーを照射する方法などが実用化されています。