脱毛の原理

 

電気脱毛の原理は、ごくシンプルです。

 

毛穴に針(多くは絶縁針といって、先の方にだけ電気が流れるような加工がされているもので、絶縁していないものに比べてかなり高価です)を差し込み、直流と交流のブレンド波を流します。

 

すると毛根の毛を作る部分がアルカリ腐食してしまい、あるいは熱で毛根を壊してしまうという2つの効果で、毛を作ることができなくなってしまいます。

 

このブレンド波を使う電気脱毛は、主に脱毛サロンで行われています。

 

医療機関で行われる交流電流だけを使う針脱毛はもっとシンプルで、針の先に強い電気を流して毛乳頭を破壊してしまいます。

 

これらの方法は、毛穴の方向に沿って正確に針を入れて、先の部分を毛根部の近くにもって行き電流を流すことにより最大の効果を発揮します。

 

ですから、かなり高度な技術が要求され、そのような特殊な技術を持った脱毛士の数も限られています。

 

そのため、効果は確実ですが、実際に施術を受けることのできるサロンや医療機関が少ないという欠点があります。

 

痛みも他の脱毛より強い場合が多く、時間もかかり料金も割高になるので、今ではほとんど行われなくなりました。

 

現在、電気脱毛に変わり主流になっているのが、光脱毛とレーザー脱毛です。

 

基本的には同じような方法で、毛根の毛を作っている部分にダメージを与え減毛させるか、破壊して脱毛するかの違いです。

 

脱毛器のヘッド部分から出る光を肌に垂直にあてるだけなので、技術的には何も難しいことはありません。

 

でも中には当て残しをしてくれる施術者もいて、部分的に残った毛が伸びてくることがあります。

 

 

脱毛と毛周期

 

またこれらの方法には毛周期というものが大きく関係してきます。

 

 

光脱毛機やレーザー脱毛機の光は、黒い色に熱を集めるという特徴があります。

 

そのため、皮膚の上から光をあてても皮膚にはダメージを与えずに、黒い毛とまわりの毛根に選択的にダメージを与えたり、破壊してしまうことができるんです。

 

人間の毛というのは何処の毛でもそうなんですが、同じ毛根から一定の期間で伸びて、抜けて、休んでという状態を繰り返しています。

 

これらの時期は、成長期、退行期、休止期とよばれ、ある一定のサイクルで常に伸びたり、抜けたりを繰り返しています。

 

図をみていただければよくわかるのですが、退行期〜休止期には毛を作る毛母細胞〜毛乳頭が退化してしまっているため、光をあてても反応しません。

 

ですから、これらの方法では、毛の成長に合わせて何度か施術して、効果が現れてくるものです。

 

同じような理由で、自己処理で抜いた毛根、白髪には全く効果がありません。

 

最近よく使われているラジオ波を使うタイプの機械(オーロラなど)は、色に関係なく毛根を破壊することができますので、顔の産毛が抜けにくい場合などに効果が期待されています。